三角のポーズを修正しよう!

投稿日:

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガインストラクターの美宅玲子です。
ヨガの代表的なポーズ、三角のポーズ
全身を広く伸ばし、股関節や体幹、肩周りまで大きく使うことができるポーズです。
この三角のポーズ、体をたくさん倒すように見せかけて、実は正しくポーズが取れないことが多いです。
今回は、エアリアルヨガの布と、壁を使った修正方法で、より正しく広く、体を伸ばす感覚をつかんでみましょう。

天井から吊り下げた布(股関節の高さ)に肋骨を預け、三角のポーズを取ります。
すると、布があるおかげで体が真横に倒れ、胸が開かれ、腕が良く広がります。
体幹の筋力を使わなくても、布に身体を預けるだけでポーズが取れるので、楽に正しい形を覚えることができます。

次に、壁に背面部をつけて三角のポーズを取ります。
すると、壁から離れそうになる部分がよく分かります。
壁から体が離れないように気をつけながらポーズを取ることで、普段のポーズ時に使えていなかった意識や筋肉を使うことができます。
正しくポーズを取る感覚を覚えられます。

動画
https://vimeo.com/249197851

------PR------

第2期【ボディメンテナンスピラティス】インストラクター養成コース開催

現在第1期が開催されている、ボディメンテナンスピラティスインストラクター養成コース。
柔道整復師、ヨガインストラクター、エアロビクスインストラクターに加え、他団体でピラティスインストラクター資格を取り、インストラクターとしてスタートを切っている方も受講されています。

「こちらで習い始めてから、自信を持ってお客様に向き合うことができ、そこから新規のお仕事のお話をいただくなど、いい流れができています!ありがとうございます!」

「患者様にリハビリプログラムを提供したり、自分でランニングに役立てたりしています。
ハーフマラソンのタイムが、20分以上縮まりました!」

「ピラティスレッスンの代行を引き受けました。
先生の言葉が頭に入っているので、それをするすると引き出したら、自然とレッスンができました!」

など感想をいただいています。
第2期養成コースは2月4日(日)スタートです。

毎月第1.3日曜日18:30~21:30 吉祥寺のスタジオで行っています。
見学からスタートも可能です。
詳細はこちら http://mitakureiko.com/academy.html

ピラティスをヨガに役立てたい方、お気軽にお問い合わせ下さい。

あなたにおすすめ

1

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。 日常生活や、エクササイズ・トレーニング、ヨガのポーズを取っている際『肩が上がっているから、下げるように』言われたことはあ ...

-ヨガポーズ
-,

Copyright© ヨガライフ東京 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.