股関節を柔軟にする、開脚のバリエーション

投稿日:

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガインストラクターの美宅玲子です。
ヨガといえば股関節の柔軟、開脚、というイメージやテーマを持っている方は多いのではないでしょうか。
開脚をするには、股関節や骨盤の動きを感じていく必要があります。

まず、長座で座って手を床について楽にします。
両足をパタパタと左右に転がします。簡単に転がりますね。
少しずつ足を開きながら、つま先・ももを左右に転がします。長座の時と同じ要領なので、転がすことができますね。
いよいよ大きく開脚した状態で、さらに今度は骨盤も左右に倒すように、片方ずつお尻を持ち上げます。
こうして骨盤が動く感覚をつかみ、左右交互に動かしていた骨盤を、両方いっぺんに転がすのが前屈です。
今回動画では、骨盤を左右に向けて倒すことで、骨盤歩きをしています。
ヨガで意識を向けたい骨盤の感覚が高まります。

https://vimeo.com/248380302

------PR------

アウトドアヨガのすすめ

ヨガは、紀元前3000年近く前のインドで生まれ、座を整え呼吸を整え精神を整える方法として伝わってきました。
それは常に、自然とともにありました。人間は自然の一部という考え方が、東洋にはあります。

本来私たちが持っている自然治癒力、元気になろう、向上しようと前を向く力を高め、引き出すのが
自然と関わるヨガの役割のひとつです。

自然にはパワーがあります。人間を元気にするパワーがあります。
緑の多いところに来ると「空気が美味しいな」と思い「リフレッシュしたな、明日からも元気で頑張ろう」と充電されます。

そんな自然の中でヨガをすることで、自然のパワーをもらい、自らのエネルギーの状態を上げていくことができます。
アウトドアヨガは、私たちのエンパワーメントとなりえます。
私達が、より元気で幸せを感じて、それぞれの力や個性を発揮して生きていけるように、アウトドアヨガを企画しています。

2018年のアウトドアヨガ・年間のスケジュール(予定)を公開しています。
よろしければ、ご覧くださいね。

アウトドアヨガ http://mitakureiko.com/outdoor.html

あなたにおすすめ

1

こんにちは。美姿勢&アウトドアヨガ・ピラティスインストラクターの美宅玲子です。 日常生活や、エクササイズ・トレーニング、ヨガのポーズを取っている際『肩が上がっているから、下げるように』言われたことはあ ...

-ヨガコラム, ヨガポーズ
-, , ,

Copyright© ヨガライフ東京 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.