ねじった椅子のポーズ 1分でできる!部分やせヨガ!【二の腕に効くポーズ(4)】

更新日:

ねじった椅子のポーズ 1分でできる!部分やせヨガ!【二の腕に効くポーズ(4)】

 

椅子のポーズから膝を曲げたまま肘を腿の外側につけ胸の前で合掌(出来るだけ胸の中央で)。
片側の膝が出やすいので、膝を揃える。
目線は上。首が痛い人は横でもいい。
肘で膝を押しつつ膝で肘を押し返し、息を吸って背筋を伸ばし吐きながらさらにツイストを深める。
反対側も行う。

椅子のポーズ(ウトゥカターサナ 腰掛けのポーズ)

下半身を鍛えて姿勢を良くする
見えないチェア(いす)に座るようなつもりで、足を揃え中腰になるポーズです。
足を締めて中腰になることで、太もも、腰、わき腹が引き締まり、ウェストラインがキレイになります。姿勢もよくなりますので、歩く姿もキレイになります。

ねじりのポーズ アルダ・マッチェンドラーアーサナ(半分の魚の王のポーズ)

ねじりのポーズは、座った状態で、胸を張って上体をねじるポーズです。
腹部を引き締め、ウエストはスッキリと背中やウエストのぜい肉をとります。

骨盤、背骨、肩など全身の骨格を整え、日常生活の癖や習慣で歪みがちな背骨を正します。
ねじることでマッサージ効果があり肝臓・脾臓、腎臓・腸に刺激を与え、内臓の血流を良くし便秘にも効果的。

三角ねじりのポーズ(パリブルッタトリコナアーサナ、足を開いてねじるポーズ)

伸ばした三角のポーズにねじりを加えた、柔軟性、バランス感覚、体の使い方などさまざまな要素が要求される高度なポーズです。上体や腕のポジションで効果が変わってくるので、まずは正しい体の使い方をマスターしましょう。

-ヨガポーズ
-

Copyright© ヨガライフ東京 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.