赤ちゃんのポーズ(ガス抜きのポーズ) パバムクタアーサナ

更新日:

赤ちゃんのポーズ パバムクタアーサナ

名前が可愛いですよね。
内臓を圧迫し刺激を与える事で、その働きを活性化させます。
背骨の矯正、腰痛の予防、軽い腰痛の改善、疲労回復、精神の安定など

ヨガポーズの方法

赤ちゃんのポーズは仰向けに寝た状態から、ひざを立て腕を床につけます。

ヨガポーズ   赤ちゃんのポーズ   YouTube.jpeg1

息を吸いながら、ひざを抱えるように胸元に引き寄せ、そのまま両肘でひざを抱えます。
そのとき、頭が浮いていかないように背中、肩を床にしっかりつけておくことがポイントです。

ヨガポーズ   赤ちゃんのポーズ   YouTube.jpeg2

そして、息を吐きながら胸元にひざを引き寄せていきます。

そのまま呼吸を繰り返し、吐く息ごとにさらにひざを引き寄せていきます。

ヨガポーズ   赤ちゃんのポーズ   YouTube.jpeg3
膝を抱えることで、下腹部が圧迫され、ガスが移動しやすくなり、ガス抜き効果が得られます!
ガス抜きのポーズと言われる所以ですね。腰のストレッチにもなりますよ。

寝る前などにほんのちょっとストレッチする習慣をつけたいですね。

ヨガポーズの効果

内臓を圧迫し刺激を与える事で、その働きを活性化させます。
背骨の矯正、
腰痛の予防、軽い腰痛の改善、
疲労回復、
精神の安楽
首の筋肉の強化、腹筋の強化、

ヨガポーズのポイント

腰をストレッチして緊張を取り除き、全身をリラックスさせて疲労を回復するポーズ。無空のポーズの前後、またはアーチのポーズなど、仰臥位で腰の負担のかかるポーズの後に行うことが多くあります。サンスクリット名は「ガス抜きのポーズ」で、整腸作用にも優れています。

ヨガポーズのコラム

赤ちゃんポーズで腰痛知らず★
体の中でも緊張しやすい腰をリラックスさせるこのポーズがオススメです☆
とってもシンプルなポーズなので、普段の生活に取り入れやすいですよ★
ただ、背中を丸くさせるので、固い床の上ではなく、マットや、じゅうたんの上で行うことをオススメします。
ポーズのポイントは、肩や首を緊張させないこと。
腰が緊張している方ほど、腰が伸びないので、肩や腕の力を使いがちです。
どうぞ、呼吸と一緒に、リラックスさせながら、行なってみてください♪

この赤ちゃんポーズは、お母さんのお腹にいるときの赤ちゃんの形を表しています。
お母さんの温もりに包まれたような安心感も、もたらしてくれるポーズなのです。
また、腸を刺激するので、便秘予防にも効果的です!
忙しいあなたも、たまには、赤ちゃん気分で、体をリラックスして一息ついてくださいね♪

ヨガポーズの動画紹介

ヨガステーション動画

ホットヨガ、パワーヨガ、ヨガ教室、クーポン情報検索サイト「ヨガステーション」
http://www.yoga-station.com/

nanapi [ナナピ] | みんなで作る暮らしのレシピ

詳細はこちら:http://nanapi.jp/40148/
うちトレ
http://uchi-training.com

may yoga

【今週のレッスン4月15日~19日】
内臓の働きを良くする
腰痛の改善
骨盤の調整


ヨガ教室検索はYogaStation

※参考サイト
http://www.yoga.jp/pose/pose_detail.php?id=53

ヨガ(ヨーガ) ヨーガ ラブ・フィットネス
http://yoga.love-fitness.net/pose/embryo.html

-ヨガポーズ
-, ,

Copyright© ヨガライフ東京 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.