ヨガインストラクターになるために 働く男女がやっている習い事ランキング

投稿日:

働く男女がやっている習い事ランキング...2位はピラティスやヨガ - Ameba News [アメーバニュース]

http://news.ameba.jp/20151027-518/

皆さんは何か習い事をしていますか? 「この秋からスタート予定」という人もいるかもしれませんね。

実際に習い事をしている人は、どんなものに取り組んでいるのでしょうか? 現在習い事をする全国の20~50代の働く男女969人に聞いたところ、一番人気は「語学」でした。

2位に入りましたね。ヨガ

スポーツ枠のようです。

習い事にヨガが入るとは、素晴らしい。

ヨガインストラクターになりたい方も増えているのではないでしょうか。

どうすればヨガインストラクターになれるのか、また、ヨガのインストラクターになるために必要なこととはなりか。考えていきたいと思います。

業界最大のヨガスタジオ「ホットヨガスタジオLAVA」が200店舗を突破しました。

http://www.yoga-lava.com/

カルドが32店舗、ぜんが23店舗(ヨガ関連だけです)を考えると圧倒的な店舗数ですね。

このアンケートで「ヨガ」と答えた方たちの半分以上はホットヨガではないかな。

今後、ヨガのインストラクターになりたいと考える人は、以下の選択肢があると思います。

資格をとってヨガインストラクターになる。
インストラクターとして就職してインストラクターになる。

大きく2つですね。

個人的におすすめするのは、

インストラクターとして就職してインストラクターになることです。

お金儲けではないと言い切る、養ってくれるという人がいる場合は、

資格をとってインストラクターになることをおすすめします。

なぜ、インストラクターとして就職してインストラクターになるのをおすすめするか

圧倒的に「教える」時間が必要だと考えるからです。

ヨガの手法や技法、考え方を学ぶのは確かに大切なのですが

人に教えることってめちゃくちゃ大変です。

ヨガは、グループレッスンが基本なので一対多ですよね。

そのような経験をしている人ってどのくらいいるでしょう。

資格を取得するときも確かに運転免許の路上講習のようなことはします。

ただ、場数、時間が違います。

インストラクターとして就職した場合に、研修期間が終わると平均で一日3本から4本のレッスン、月に60本から80本(おおよそです、会社により異なります)。ですね。簡単に一本を60分としましょう。すると月に多くて80時間のレッスン時間を持つわけです。それを続けると半年で480時間、1年たてば1000時間近くのレッスンを行うことができるわけです。

この経験は、正直大変だと思います。

なんせホットヨガですからね。

ただ、インストラクションを行う「先生」となる場合には必要なことだと思うわけです。

お客様の数も大事です。

個人で行う場合、最初の一年は多くても一回あたり10人くらいでしょうか。

これを就職してしまうと、10人ではなく平均25人からはいるでしょう(ハコの大きさにもよりますが)。

先ほどのレッスン数で考えると月間で、トータル約2000人です。半年で、12000人、一年で24000人です。こんな経験は、個人ではありません。

それを経験しているかどうかで、「自信」にもつながりますよね。

以上の理由から、インストラクターになるには、インストラクターとして就職することをおすすめするわけです。

ただ、養ってくれる人などがいた場合に、資格をとってインストラクターになることをおすすめする理由もあります。

それは、「大変」だからです。

ヨガのインストラクターはめちゃくちゃ大変です。

研修って、おそらく業界で調べたわけではないですけど、多くても1ヶ月くらいでしょう。

それで、事務作業をやりながらインストラクションもしなければならない。

サラリーマンですからね。

それってめちゃくちゃ大変。

雑務も多いことでしょう。

集客の仕組みがある分、お客さんは必ず来ます。

ただ、その分仕事もたくさん増えるわけですね。

ホットヨガであれば、体質面も気になります。

やっぱり汗をかきすぎると体調を崩すこともあるでしょう。

経験値は飛躍的に上昇しますし、うまく使えば自分個人のお客さんも作ることは可能です。

ただ、「大変」なんです。

華やかな部分だけではないんですね。

給料もそれなりです。

決してクリエイティブな仕事ではないです。

労働集約型の作業ではないですけど、同じレッスン(数パターンはある)を繰り返し行うことに抵抗がある場合もあるでしょう。

就職の場合には、こういった大変さもあるわけですね。

どうしてもヨガインストラクターになりたい人へ

それでも私はインストラクターになりたいという人には、

就職してインストラクターになることをおすすめします。

理由としては、第一にさきほどから述べてきたように「経験値」

そして、第二は、「お客様の獲得の可能性」となります。

このあたりは今後掲載していきたいと思います。

ヨガインストラクター求人はこちらから

http://www.yoga-station.com/recruit

http://www.yogaroom.jp/instructor/offer.html

 

-news, ヨガ
-, , ,

Copyright© ヨガライフ東京 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.